泉南新家クリニック様の導入事例が紹介されました

『dottoHD』がアップル・ジャパン社のブログ記事に掲載されました。

アップル・ジャパン社 Claris ブログ
医療業務のデジタル化は、患者様と医療スタッフの余裕を生みだすために
https://www.claris.com/ja/blog/2021/sennan-shinge-clinic

『dottoHD』は2013年に泉南新家クリニックの田代庸平さんによって開発されました。ファイルメーカープラットフォームによって開発されており、iPad ですべての操作をすることが可能です。

誕生から7年、透析室における業務システムの枠組みを超えて、既設の透析コンソールとのデータ連携はもちろん、AI顔認証体重計との連携も可能となり、透析医療におけるDXを実現できるツールに生まれ変わりました。

体験版は ダウンロードページ をご覧ください。
※デモのご依頼も承っております

【ご参考】
Claris Engage 2020
透析システムとIoT連携による医療業務効率化について
https://www.youtube.com/watch?v=Ecrtg-x2W3c